坂下市(読み:さかしも)

現行の「さかしも」を漢字表記に改めたもの。ひらがなでは漢字のもつ威厳や厳格性を損ね,市に対して軽んじたイメージを持たれてしまうことを避けるための案。もともと当市発足当初は漢字表記の「坂下市」であったが,「現在の流行に合わせた方が良い」という安易な意見のもと,現行のひらがな表示となったのである。漢字表記にしてもひらがなの時と比べて画数の変化はないし,表記のみが変わるため行政執行等に支障をきたすことが少ない点において,他の案と比べて利便性に問題はない。

渥山市(あつやま)

合併により「坂下」地方を大きく脱離した市域になったこと,また旧国名における「坂下」は現在の市域とは別の地方であったことから,渥山県の中枢を成す当市を表すのに最も端的な名称である。

あつやま市

上記案をひらがなで表記したもの。最近の風潮に乗っ取って親しみやすく,幅広い年齢層に認識され,全国的に当市に関心を持ってもらえることを狙いとしている。

渥坂市(あつさか)

上記案の「渥山市」および「坂下市」を融合させたもの。旧国名および地方名に使用される「坂」の文字と,県名である「渥」の文字を併用することで,市名の持つ意味が幅広くなり,両案を総合した合理的なものである。

坂の国市(さかのくに)

旧国名および地方名に使用され,渥山県のシンボル的文字である「坂」をアピールしている。「~の国」という名称を用いることにより独特な雰囲気を醸し出している。

太平洋市(たいへいよう)

他県で「太平洋市」の案が破たんした例があるが,当市ほどの規模であれば,太平洋沿海地方の自治体の代表として名乗る事も妥当だと思われる。また,海外に対してもアピールできる市名である。

南名古屋市(みなみなごや)

中京都市圏の中心地はあくまでも名古屋市であり,当市は名古屋市のサポーター的役割を果たしている。名古屋の文字を入れることで,名古屋市との結びつきをより確固たるものとし,中京都市圏全域の発展を目指す。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-23 (火) 00:00:00 (4047d)